2011-09-13 市川市が学校給食食材のモニタリング検査の方法を発表 9月9日

放射性物質検査の詳細が発表されました。学校及び園での給食で使用する食材のモニタリング検査ですが調査内容も多く、市のHPで公表するので、一般家庭などでも参考になります。

1.方法

学校及び、園の食材を扱う業者から、使用頻度や旬の産地の変化に応じて納入することの多い産地の野菜、果物、豚肉、鶏肉、卵頭を購入し、検査機関にて検査を行う。9月中旬以降より、毎月5品目程度の食材について定期的(隔週程度)にモニタリング検査をする。

2.検査予定品目

◆野菜:小松菜、ピーマン、ニンジン、ホウレンソウ、キャベツ、キュウリ、ゴボウ、大根、玉ねぎ、長ネギ、

     モヤシ、レタス、生シイタケ、ジャガイモ等

◆果物:ブドウ、リンゴ、ミカン等

◆食肉他:ブタ肉、鳥肉、卵等

1.検査依頼期間

   9月中旬より12月中旬まで

2.検査項目

   放射性ヨウ素
   放射性セシウム(134,137)

 

1.検査機関

   県内検査機関に委託

2.検査結果

   市のHPにて公表する。