2014年2月議会(予定)

代表質疑が25日から始まり私たちの「無所属の会・市民ネット」は28日です。1時間45分が質疑時間です。主だったところを下記に記します。先順位の会派で多くは質問してしまっているので27日に議会終了後、再質問について話し合い調整を行います。


○施政方針について

●市長の考える「市川らしい美しい景観」とは何か。またどのようにして美しい景観づくりを進めていくのか。を伺います。具体的な部分、市川市には景観に関わる条例や計画があるが、景観づくりを進める上でどのようにこれに反映させていくのか考えを伺う。

●「新たな街づくりを進めるときでもあります・・・」  新たな街づくりをどのように進めていくのか,生産年齢人口を減らさない工夫とはどのようなものか

●需要の高まる特別養護老人ホームの整備・・・」今年度の整備とその予算について伺う,この整備量でよいのか。見解を伺う。

●民間遊休地などの活用で「親子が集える『(仮称)青空こども広場』」とあるが内容、運営形態について伺う。

●「女性が働きやすい環境を整えるとともに、女性の様々な知識や能力を地域や社会において発揮できるよう支援してまいります」とあるがどのように支援していくのか。

●女性の独創的な発想を活かした事業計画による起業を促すため、経営に関する知識の習得、事業計画の作成、製品やサービスの宣伝、起業を目指す人たちの交流や相談、起業のための資金など多面的な支援をします」

●「若者や障害者を対象とした就職面接会を引き続き開催するなど、就労支援に取り組みます。」予算が減額されているが、その理由は。

●新年度における予算編成にあたっての財政状況に関する認識について、「これまでに経験したことがない程の厳しい財政状況」を脱したのかどうか、市長のご見解をお聞かせ頂きたいと思います。

●「新IT講習会の開催を支援します」について伺います。

●いわゆる「空き交番、警察官連絡所」を青色防犯パトロールや地域の防犯パトロールの拠点として利用」する方向で市川警察署や千葉県警察本部と協議していく旨のご答弁を頂いておりましたが、新年度における事業強化へ向けて当該協議についてどのような進展があったのかご答弁をお願いします。


○教育行政運営方針について

●「家庭・学校・地域・行政の連携〜新たな連携の在り方も拡充してまいりたい」とあるが、新たな連携のあり方はどのようなものを想定しているのか。

●「いじめ問題については〜市民を対象とした学校支援実践講座を開催し」とあるが、講座受講者は実際にどのように学校とかかわっていけるのか「学校いじめ防止基本方針」との整合性は確保できるのか。

 

○議案第49号 

平成25年9月定例会一般質問において、我が会派に所属する越川議員より「限度額適用認定証という制度が創設されたことから、高額療養費資金については見直しが必要なのではないか」「同基金に積み立てられている3,000万円については一般財源化を図ることで資金運用の柔軟性を確保できるのではないか」との提言がなされたかと思いますが、今回、同基金を廃止することに至った経緯についてご答弁を頂きたいと思います。


○議案第60号 予算について

(1)53頁 一般寄付金  ふるさと納税寄付金並びに93頁 企画費 委託料及び「平成26年度当初予算案の概要13頁 シティセールス事業(ふるさと納税制度活用事業)」について

(2)66頁 議会費  旅費

(3)77頁 一般管理費  負担金補助及び交付金

(4)92頁 企画費及び「平成26年度当初予算案の概要12頁シンボルマーク等作成事業」について

(5)132頁 東山魁夷記念館費

(6)134頁 諸費及び「平成26年度当初予算案の概要23頁 市制施行80周年記念式典事業」について


以上