百条委員会報告

2月17日
1.記録の提出状況について
 小泉文人証人が発注などしていた「三立工芸」さんに追加資料の提出を求めましたが、追加の合理的な理由がないと拒否されました。内容は、受注したアンケート用紙の印刷業務に関する売り上げの計上及び代金の受領を証明する帳簿または書類の提出をお願いしましたが、取引先のプライバシーが記載されていること、財務上及び営業上の秘密が害されるなどの拒否理由を書面にて提出されました。(H28.1.6)
採決:12対3
再度、三立工芸さんに資料の提出を求める。守秘義務を結び、関係以外は黒ぬりするということでお願いすることに決まる。

2.鈴木啓一前議員の証人喚問欠席について(11月19日) → 秘密会議とした
  ・診断書がだされ、「正当な理由と判断した」
  ・引き続き証人喚問の出席は求める。

3月14日
 本委員会の調査経費の件でH28年度も継続する予定なので100万円を予算化。

3月17日
 これまでに実施した証人尋問及び意見聴取などの検証について私を含め10人通告があり意見、問題点をのべた。今後も引き続き調査することが必要とされた。松井委員長からこの委員会は調査終了後に判明した事実や委員個々の意見にとどめ、委員会としての結論は示さないことを強く求められた。
印刷をしたとされる三立工芸さんからはこれ以上の資料提出は応じられないと返事があったが引き続き協力依頼する。
小泉議員からはアンケート原本や印刷会社発行の見積書などは「廃棄済み」と回答があった。

次回は4月22日(金)の予定。傍聴の際は、議会事務局にご確認ください。