平成28年12月議会が始まります。

12月2日(金)10時から開会
 提出議案は、条例14件、予算4件(補正予算、一般会計1件、特別会計3件)
       契約8件、指定管理者2件、一般1件
       報告8件。 以上合計37件です。

主な議案から
議案第38号 市川市職員の育児休業、介護休業取得にかかる範囲の拡大など条例の一部改正
       ・育児休業の対象となる子の範囲の拡大。
       ・介護のため3年間、1日につき2時間の範囲で介護にかかれる。
       ・非常勤職員の育児休業の取得要件を緩和する

議案第42号 市川市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準の一部改正
       ・サービスの内容記録などの保存期間が5年間となる。

議案第44号 「まちかど健康サロン」を廃止する。
       ・地域ケアシステムの拠点の拡充のため

議案第46号 下水道条例の改正
       ・排水設備工事業者の指定に関する規制の強化を図るとともに、使用料に関する規定の整備など
      *無断接続1500件に対応しての条例改正である。
             1200件が未確認、年4500万円が未回収分である。

議案第60号 指定管理者の指定について
       ・放課後保育クラブの指定管理者の候補者を市川市社会福祉協議会と提案する
      *社協は平成14年からこの事業を担っています。

議案第61号 指定管理者の指定について
       ・市川市市川駅南口図書館の管理の候補者を株式会社ヴィアックスと提案する。
      *5年前、株式会社の参入ということで、議会でもめたのを思い出します。
       本の選定は中央図書館でしています。

補正予算の主なポイント
 *補正予算総額は、11億5050万円 (不用額の減額補正2億6070万を含む)

 1. 子ども・子育て支援
   ・待機児童対策緊急対応プランの推進など・・・3億8298万円

 2. 社会保障制度
   ・生活保護扶助費、臨時福祉給付金給付事業など・・・6億1135万円

 3. 公共施設の再整備、老朽化への対応
   ・塩浜学園校舎の再設計など・・・3億124万円

 4. その他・・・1億1563万円
   ・パスポート発給事業の収入印紙代、ふるさと納税の寄付特典など

以上です。