平成29年2月議会が始まります。

2月15日(水)13時から開会

市長の施政方針演説、教育長の教育行政運営方針演説と提案説明があります。

提出議案は、条例10件、予算14件

(28年度補正予算)一般会計1件、特別会計5件、公営企業会計1件

(29年度当初予算)一般会計1件、特別会計5件、公営企業会計1件

一般2件、市道路腺1件、諮問5件、

報告4件。以上合計36件です。

主な議案から

議案第63号 市川市議会議員及び市川市長の選挙における選挙運動の公費負担の条例の一部改正

   ・ 選挙運動用公費限度額は
      自動車借入れ1日あたり15.300円→15.800円
      自動車燃料代1日あたり7.350円→7.560円
   ・ 選挙運動用ポスターについて
      作成に係る基準額557.115円→573.030円
      印刷に係る基準額26円73銭→27円50銭
   ・ 選挙運動用ビラは1枚当たり7円30銭→7円51銭
         
議案第67号 市川市特別職の職員の給与及び報酬に関する条例の一日改正

   介護認定審査会委員の報酬額を日額16.700円から27.000円に見直す。

議案第68号 地方税法の改正に伴う本紙の課税事務の改正

 ・ 個人の市民税に係る住宅ローンについて、居住年の最終年を平成33年まで2年間延長する。

 ・ 一定の環境性能を有する3輪以上の軽自動車につきグリーン化特 例を1年延長する等


補正予算の主なポイント

  *補正予算総額は、10億6563万円 (不用額の減額補正19億4712万円)

  1.必要な事業費の増額補正
   (1) 社会保障関係経費の増額・・・12億2200万円

     主なもの

      ・ 病院事業関係負担金・・・7億500万円
          ★リハビリテーション病院が医師不足により運営が難しく民営化へ方針を

           変更(平成31年4月1日を目途に)

      ・ 私立保育園運営費・・・1億4200万円
      ・ 健康診査事業・・・5.000万円
      ・ 予防接種事業・・・3.500万円

    (2) 国の補正予算活用

      ・ 小学校、中学校のトイレ改修、耐震改修等・・・5億1190万円

  2. 将来に向けた財源の確保

    ・ 一般廃棄物処理施設建設等基金積立金・・・6億円  →クリーンセンター等

    ・ 公有財産購入費・・・3億7000万円

  3. 不用額・・・19億4700万円

平成29年度当初予算案のポイント

  1. 当初予算規模について
     一般会計は1.448億円(前年より40億増)
     特別会計は952億円(8億6000万減)
     公営企業会計は19億9200万円(4.800万増)

  2. 財政指数について
    @経常収支比率92.8→93.1   0.3ポイント悪化
    A財政力指数1.060→1.076   0.016ポイント改善

  3. 新規、拡大事業

    ◆新規
      ・ 宇宙交信関連事業
      ・ 来庁者用巡回バス
      ・ 行徳地区まちづくり事業
      ・ 保育士確保対策事業  等

    ◆拡大
      ・ シティセールス事業
      ・ 私立幼稚園預かり保育事業費補助金
      ・ 保育園整備計画事業
      ・ 台風災害等対策事業
      ・ 特別支援学級等補助教員雇上事業 等
      ・ 放課後保育クラブ運営事業
      ・ 認知症対策事業