男女共同参画推進に関する意見書が可決されました。

秋本から
 驚きました、ここ数年、毎議会ごとに男女共同参画社会の推進に関する意見書は提出してましたがいつも「否決」されていました。それが、この6月議会で次の意見書を提出したところ「全会一致」で通りました!


政治分野における男女共同参画推進のための法整備を求める意見書

昭和21年に女性が初めて参政権を行使してから70年が経過した。国政における女性議員の割合は、衆議院で9.3%、参議院で20.7%となっている。
公益財団法人・市川房枝記念会女性と政治センターが算出した女性議員比率の世界ランキング(2016年11月1日現在)によると参院は77カ国中41位だが、衆院は193カ国中159位。地方議員に占める女性の割合も2015年12月現在で12%にとどまる(2017年6月21日読売新聞)

少子化・高齢化の進展による諸問題や防災、食料、環境など暮らしに関わる諸問題が重要な政治課題となっており、また、社会のあらゆる場で女性の活躍推進が図られている今日、政策を議論し決定する政治の場に、これまで以上に女性が参画することが不可欠である。
よって、国会及び政府におかれては、女性議員の増加を促し、男女が共に政策決定に参画することができるよう、政治分野における男女共同参画推進のための法整備を行うよう強く要望する。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

                                        平成29年6月27日
  衆議院議長         
 参議院議長         
 内閣総理大臣
 内閣府特命担当大臣
 (男女共同参画)        あて

  
                                        市川市議会