2018(H30)6月議会報告

T.所信表明と議案より

 所信表明について(選挙公約についての質問から)

 〇「待機児童ゼロ」にするための具体的施策についての市長の認識は?
  市長:3点挙げる
   1.必要とされている総武線沿線市川、本八幡駅、東京メトロ妙典駅周辺に認可保育園を
     整備すること、3歳未満児の小規模保育園を整備すること
   2、公共施設活用をさぐる
   3、子育てナビきめ細かく保育園利用を促す。

 〇特別養護老人ホームの待機児童ゼロ実現に向けた具体的施策について
  市長:整備予定は平成30年 100人床 1、平成31年 100人床 1とする。

 〇タウンミーティングを開催する認識について
  市長:2点あげる
   1.市長が市民の生の声をきくこと
   2.市民が市長と直に話すことで市政に近づいてもらうこと

 〇燃やすごみの収集体制を見直すことについて
  市長:市民から3回から2回の収集になり、生ごみや紙おむつの処理、においに困っている
  との声を多く聞いた。夏だけ収集を増やすなど調査をして検討する。

議案から

◆議案10号◆ 市川市急病診療・ふれあいセンターから
    大洲デイサービスの運営を民営化し同センターの公の施設の供用を廃止する。

 可決民間事業者を8月に公募予定。公募の見通しとしては、現在の指定管理者である(社福)
  慶美会。土地は市の所有。地域との交流サービスを期待する。

◆議案第13号◆(補正予算) 可決
  ・企画政策アドバイザー報酬について内訳は1日32400円で月8回を上限
  ・本八幡駅北口地区再開発基本構想作成委託料について
   本八幡北口から京成線まで9.5haが対象地区となる。


U.一般質問 (クリックすると参照できます) 

V.意見書  (クリックすると参照できます)

W.請願   (クリックすると参照できます)