秋本のり子プロフィール

1957年 神奈川県川崎市に生まれる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

議場.jpg 

  普連土学園中学、高校卒業
  聖徳栄養短期大学卒業
1978年 社団法人松井病院食養内科で栄養士として勤務、その後、料理教室を開く
1985年 結婚後、市川市に住む
  認知症の義母の介護(8年)
  PTA、子ども会役員活動
  行徳公民館ウーマンカレッジの企画に参加
  市川市主催女性大学院参加
  市川市主催市民懇話会参加
1999年 市川に女性市議をふやそうネットワークの活動に参加
2006年 「平和・無防備条例」制定の署名活動に参加
2007年 市川市議会議員に当選
現在 市川市議会議員
  市民ネットワーク・市川事務局長
  生活クラブ組合員、千葉県栄養士会会員

秋本のり子さんを応援します!

内海愛子(恵泉女学園大学・大学院教授、早稲田大学大学院講師)

市川を「私の街」と愛せるような、住みやすい地につくっていくには、住民の視点からの政策提言が欠かせないが、栄養士であり、長く介護をしてきた秋本さんは、それができる。
市川を元気で暮らしやすい街にするために働いてほしい。

 

石崎たかよ(元市川市議会議員)

公民館ウーマンカレッジで育ち、女性大学院を終了、市川の女性政策が育て上げた秋本のり子さん。
民主的で、あらゆる人の人権を守るために、議会で働く強い意思を持つ、彼女を今こそ議会に送ってください。私のバトンをつなぎます。

 

鳥海哲子(市川房江記念会監事、市川に女性市議をふやそうネットワーク代表)

物事の問題点をキチンと据え、正確な判断力と責任感で、事務局をしていただきました。
温和でふくよか。でも芯は真剣、誠実。
食育、男女共同参画、平和問題と、幅広く発言できる方。
つまり、私の「出したい人」です。