市川市議会報告

議場.jpg会派

  2015年5月議会から『無所属の会』になりました。

  構成は越川雅史、湯浅止子、増田好秀、長友正徳、秋本のり子

    の5人です。

会派の写真.jpg

常任委員会は健康福祉委員会です。百条特別委員会委員です。

 

                     議会の様子は、『街づくり通信』でもお伝えしております。

2017年 9月議会 9月議会がはじまります。
報告  小泉文人前議員の辞職について 三浦一成市議の失職について
6月議会 6月議会がはじまります。
報告  男女共同参画推進の意見書が可決される。
2月議会 2月議会がはじまります。  
通告 報告  市川市議会会議規則改正
2016年 12月議会 12月議会がはじまります。
閉会 報告
9月議会 9月定例会がはじまります。  追加記事
閉会 報告
6月議会 6月定例会がはじまります。
閉会 一般質問(1) (2) (3)
百条委員会 2月17日、3月14日、3月17日に開催 報告
2月議会

議案 条例14件、予算14件(27年度補正予算、28年度当初予算)、契約1件、人事1件など合計43 

開会  一般質問
2015年 12月議会 議案 条例16件、補正予算4件、契約4件、指定管理者2件、一般12件、人事1件、
報告1件  合計40件
一般質問(1) (2)
百条委員会 百条委員会報告(12月12〜13日)
 ・
かつまた議員(参考人)
 ・
松永鉄兵議員(証人尋問)
 ・
湯浅議員(参考人)
 ・
青山議員(証人尋問)
※19日の鈴木啓一氏の証人尋問は体調不良で中止となりました。
9月議会 条例12件、予算5件(補正)、契約3件、指定管理者4件、市道路線2件
認定1件(H26年度決算)、諮問1件、報告8件
  一般質問(1) (2) (3) 鈴木雅斗議員に対する懲罰動議  百条委員会報告 
5月臨時A 各常任委員会が開かれ、正、副委員長が決まりました。
私は健康福祉委員会に入りました。委員長にと推薦されましたが、今回は辞退しました。
5月臨時@ 18日は選挙で議長に中山幸紀(36対5)、副議長にかつまたさんが決まりました。
中山議長については我が会派でも応援しました。切手組も賛成しました。
2月議会 2月議会は当初予算を採決する大事な議会でした。ご存知の方も多いと思いますが、少し財政について次にお知らせします。
1月臨時

1月14日市川市議会臨時議会 ―政務調査費での切手購入のその後−

辞任した岩井議長、松永鉄平副議長の後任決めと市長から要請のあった議員全員の外部監査についての審議がありました。

 

条例12件、予算5件(補正)、契約3件、指定管理者4件、市道路線2 

認定1件(H26年度決算) 

諮問1件、報告8 

2014年までの議会活動

                     議会の様子は、『街づくり通信』でもお伝えしております。

2014年 12月議会 ・議案32,47,48,49から・・市立保育園の民営化推進について
・市議(14人)の政務調査費での大量切手購入が問題に! 
9月議会 「来春の選挙に秋本のり子を候補予定者に決定」
 ・まだまだ見直しが必要な公共料金の値上げについて            
 ・秋本のりこ2期目4年間の総括の時期になりました。
6月議会 一般質問を行いました。
(1)ファミリーサポートの登録所の北部地区へ増設を求めました。
(2)介護保険の改正に伴う要支援1,2の生活支援サービスの見直しと地域支援事業について
2月議会 代表質疑が25日から始まり私たちの「無所属の会・市民ネット」は 
28日です。1時間45分が質疑時間です。
2013年

 12月議会

      

 一般質問を行いました。 

(1)福祉行政について  (2)教育行政について (3)市政一般について

予定記事

9月議会

一般質問を行いました。 

  (1)エネルギー政策について (2)次期市長選について

6月議会 一般質問を行いました。 
  (1)建築物の高さ制限について (2)教育費の削減について

※秋本のり子が、子宮頸がんワクチン接種の中止を求める意見書を出しましたが不採択となりました。
2月議会

一般質問を行いました。 

  (1)生ゴミの減量化 (2)若いシングル女性の自立支援

市川市で初の女性副市長誕生

生ごみの減量化、若いシングル女性の自立支援について一般質問を行いました。

2012年 12月議会 デイサービスでの(宿泊)の現状と対策ほか一般質問を行いました。
9月議会 防災と男女共同参画について一般質問を行いました。
6月議会

 実効性の高い空き家条例が制定されました(12月議会で秋本が指摘)

市川市自動手当支給条例が廃止されます

2月議会

 介護保険の大幅値上げが決定

災害廃棄物の受入れについて質問しました

東電の電気料金値上げについても市川市に質問しました

2011年 12月議会 放射能対策に予算がつけられました。
9月議会 9月議会「市川市放射能低減のための取り組み」を発表。その内容と問題点
6月議会 2期目のスタート!6月議会では放射能対策を厳しく質問しました!
2月議会 大久保市長の「市民との協働の姿勢」に進展なし!

 

条例12件、予算5件(補正)、契約3件、指定管理者4件、市道路線2 

認定1件(H26年度決算) 

諮問1件、報告8 

傍聴のすすめ・傍聴は議会を活性化させます!

介護、学校、道路、公園整備、公民館の設置など
皆さんの身近な生活の多くのことは市議会で決められています。
それらの方針、計画は行政から議案として議会に提出されます。
 
議員は市民の代表としてそれらの議案をチェックして、決定するかどうか決めます

・・これは重要な仕事です!
 
議案は多岐にわたり判断はとても大変です。
 (保守系というのはほとんど議案に賛成しています。それが保守系というものでしょうが)
 議員がチェック仕切れているのか市民も確認したほうがよいと思います。
 
行政と議員の2者だけでは緊張感もなくなっていきます。
第3者の傍聴人は市民の利益のために必要です。
今の議会の様子を見ると議案のチェックは不十分だと思います。
  
他市では”議会ウオッチングクラブ”などもできています。
退職なさった世代の参加を期待します。
自分のこれからの生活、子供、孫世代の生活を考えていただきたいです。
 
団塊の世代の大量退職は、今後の市政の運営に大きな影響力を持っています。 
  ・・納税者数が減るということです。・・
 
もちろん子育て世代、若い世代の声も届ける努力をしないと政策に反映されません。
無関心・お任せでは自分たちが損をするだけでなく、子ども達にとって不利です。
市川市は情報公開が進んでいます。どんどん活用してください。

議会の流れ

詳しくは市川市議会HP に載っています。
 
市議会は年4回、2,6,9,12月に開催されます
 2月議会・・今年度の施政方針が市長から発表されます。
  この一年間の市川市がやろうとしていることがわかり重要です。
  各会派からこの方針に対して質疑があります。
 12月議会・・来年度の予算承認の決議があります。
 
・・・議会はこの流れで進んでいきます・・・

 

本会議(議案質疑)

 市長提案の議案が出され、行政から議案の説明があります。

 会派ごとに議員は質疑(議案質疑)します。
 
常任委員会

 4つの委員会に分かれ、本会議より詳しく審議します。議員はどこか1つに所属します。

 条例、予算などの議案について審議し、請願、陳情の審査も行います。

  総務委員会

  民生委員会

  環境・文教委員会

  建設委員会
 
本会議(委員長報告)

 常任委員会の委員長報告の後、議案を採決します。
 
本会議(一般質問)

 議員が行政に対して質問します。会派に関係なく個人で通告を出します。

 地域のことや自分のテーマ(福祉、教育、男女参画・・など)について質疑応答します。

議案質疑

市川市の多くのことが予算を付けて行政から提案され、議員が内容を調査し質疑応答後、採決し決定されます。多いときは30以上の議案が出ます。ここをしっかりチェックするのが議員の重要な仕事です。
 
今まで質問が少なかったので、2009年9月議会から議案送付日から質疑までの時間を2日増やし、会派ごとに質問するように議会運営委員会で変えました。それにより質問も増えました。
しかし会派人数で質問時間が決まるので大会派に優位です。

  ・・会派での制約が多いのが困ります。

行政から出される議案書はとてもお役所的でわかり辛いです。
説明を聞かないと理解できません。誰でも議案書はもらえますが、読んでもわからないので傍聴する前に内容を見ておきたいというには不親切です。まだまだチェックし切れていないと思います。
建築、環境、医療、財政・・あらゆることについて判断しなければなりません。専門知識がないとわからないことがたくさんあります。議員の資質について考えさせられてしまいます。

常任委員会

4つの委員会に分かれて、それぞれ委員会室で審議します。
 
議案ごとに議員が行政に質問して行政が答えます。
委員長が審議の後採決を取り、内容を本会議で説明します。
市民から出された陳情、請願もここで審議され採決されます。
 この審議は事前に打ち合わせなしで行われるので、行政は一番緊張して望みます。
 また、議員が議案に対してどれだけ勉強しているのかよくわかります。
 まったくしゃべらない方針の方もいます。
 傍聴は7名までできます。議場と違い狭い委員会室ですので、
 傍聴者が居ると居ないとでは緊張感がまったく違います。
 議会活性化のために傍聴に来てください。
 
ここでも議員間の話し合いはありません。
議会では議案に対する議員間の議論の場がないのがおかしいと思います。

一般質問

自分の持っているテーマ、地域の街づくりについてなどを調査して質問を作ります。
通告をを出した人だけが質問します。まったくしなくてもよいのです。年4回、4時間しかありません。
ヒヤリング
 議員が予め通告を出し、行政の関係部署とヒヤリングを行い内容を詰めていきます。
 持ち時間は1時間
 当日は議員の持ち時間は1時間です。この中で質問、行政の答弁、
 再質問して答えを引き出さなければなりません。
 市川市は議会改革をすすめ、2009年12月議会から一問一答できる様になり、
 以前よりわかり易くなりました。
  
答弁はすっきりと・・
 あらかじめ質問内容は知らせるので、行政は答えを用意してきます。
 国会の中継を見てもわかりますが、行政はあまり答えたくないときは答弁の内容をひきのばします。
 再質問までいかないうちに時間切れになってしまうこともあります。
 市民のために税金で行われている議会です。建設的なやり取りをしてほしいものです。
議員が作る議会
 各自治体によって答弁の方法、時間などがちがいます。議員が議会運営委員会できめます。
 慣習にとらわれず、市民にとってよいものになるよう作り変えていくべきです。
 市民ネットワークは議会改革を進めています。

特別委員会

必要なときに特別に設けられる委員会で、その問題の審査が終われば消滅します。
市川市議会には、東京外郭環状道路特別委員会と行徳臨海部特別委員会、毎年9月定例会で設置する決算審査特別委員会があります。


東京外郭環状道路特別委員会
    外環道路を進めている委員会です。
行徳臨海部特別委員会
    今、行徳地域の開発がとても活発に進められています。
    市川塩浜駅周辺の開発、三番瀬の人工干潟など。
決算審査特別委員会
    1年間の予算の使い道をチェックします。