ゴミの減量

市川市は平成14年10月より「資源物とゴミの12分別」に取り組み、ごみの問題には先進的な自治体です。

千葉市はごみの有料化に踏み切りましたが、その前にまだまだゴミは減らせるはずです。

しかし市川市のゴミ処理の現状は(H23年) 

・ごみの処理に56,7億円(市の歳出の4,6%)

・ごみの焼却灰は年間14,271t・・市内で処分できない市川市は千葉県内や秋田 市などの民間

 最終処分場で埋め立てしています。

減らそう可燃ゴミ(燃やせばゴミ・分ければ資源)

家庭でできる可燃ゴミの減量 ⇒ 雑紙の資源化・プラスチックの資源化・生ごみの減量可燃ごみの

内訳をみると紙類・生ゴミ・プラスチックで85%を占めます。


→続きを読む

2013年2月議会にて 生ごみの軽量化に関し質問

経費の削減と、他自治体に埋め立てている焼却灰を減らすために、新しい取り組みを提案しました。

葉山町から始まった家庭でできる、生ごみ分解装置「バクテリアでキエーロ」の導入を求めました。

環境清掃課から導入している市町村に状況などを確認し、効果などを検証したうえで補助金など

検討するという答弁を得ました。

 

バクテリアでキエーロの詳細は、こちらをご覧ください。